セゾンゴールドプレミアム/三井住友ゴールド/ゴールドカード修行に迷う

life log
この記事は約3分で読めます。

最近、ゴールドカードのインビテーション発行が増えている気がします。

VISA LINE Payカードの2%還元が終わってしまい、
セゾンパールカードのクイックペイ3%還元も2022年7月までで終了してしったので、
ちょうど何のカードをメインにするか思っているところです。

普通に考えれば1%関係が確保されている楽天カードを使うべきなのですが、
この際なのでゴールドカードの修業しようかなと思って少し調べてみました。

すると現在は、セゾンのゴールドカードと、三井住友のゴールドカードで
カード会社の基準をクリアすると、年会費永年無料インビテーションが発行されていることが確認できました。

たまたま私は両方の普通のカードを持っているので、どちらかのカードをゴールドにしたいと思っています。

なぜゴールドカードの発行を目指すのか

私がゴールドカードの発行を目指すのは主には空港ラウンジの利用を無償化する目的です。

今もうエポスカードのゴールドを持っていますが、エポスカードで使える空港ラウンジの数は少し少ないのです。

また今は色々なカードで条件の改悪が進んでいますので、
いつエポスカードでも条件改悪がされるかわからないので、
もう一枚くらいゴールドカードを持っていおきたいなという思いもあります。

・セゾンのゴールドカードを持つメリット

セゾンのゴールドカードにはいくつか種類がありますが、2022年7月新しいゴールドカードの種類がスタートしています。

セゾンゴールドプレミアムというカードです。

特徴としては、映画を千円で見ることができるという特典が付いています。

また、海外旅行の帰り、空港からスーツケースを無料で自宅に送ることができるサービスがついているのも強みです。

ゴールドカードを持つメリットを考えますと、セゾンカードのゴールドを持着たい気持ちはあるんですが、
残念ながら私は今までセゾンをメインで使ったことがないため、
インビテーションをもらう条件を全く満たしておらず…。

インビテーションをもらえる候補の人には、ゴールドカードを発行するまであとどれぐらいか?というメーターが表示されますが、私には表示されておりません。

今からインヴィテーションの候補者になるには少しハハードルが高いように感じます

三井住友ゴールドカードのメリット

三井住友カードのゴールドカードをインビテーションは比較的基準がはっきりしていて年間100万円以上クレジットカード決済をすればおそらくインビテーションの発行がなされると思います。

その理由としましては、現在の年会費有料のゴールドカード所持者に対し、
年間100万円以上使えば翌年以降永年年会費無料、という基本ルールがあるからです。

この基準があるということは、おそらく年間100万円以上で決済すれば、
インビテーション候補に確実に入ると思いますし、
すでにインビテーションをもらっている人も同様の条件をクリアしているようです。

個人的には三井住友ゴールドカードの方が確実性が高いかなと思っています

しかし、メリット的には、セゾンの映画1,000円がとても魅力的。1,000円ならもう少し映画見たい。。。

迷います。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました