【便利】カビ臭い本を新聞紙で撃退できた件【ライフハック】

life log
この記事は約2分で読めます。

こんにちは。

今回はネットですでに落ちている情報だけど
やってみたら本当に成功した件です。

Amazonで古本買ったら超カビ臭い

Amazonで、韓国語の教材を古本で買ったのですが、

開けたらものすごいかび臭い。

固く絞ったアルコールで拭くのが手っ取り早いけど、COVID-19のせいでアルコールが買えないので、その他にいい方法がないか調べました。

新聞紙を挟む

すると、

「新聞紙で包んで1週間放置する」「新聞紙を切って本に挟んで数日置く」

という記事が出てきました。

えーい、そんなことある?

半信半疑でトライしてみたら、3日でかび臭が消えました…!

本のカビ臭を3日で撃退した方法

新聞紙を切る

本と同じくらいの大きさに新聞を見カットします。

左はカビ臭い韓国語の本

全ページに新聞紙を挟み込む

切った新聞を本の全ページの間に挟み込みます。

せっせと一枚ずつ挟みます

カビ臭さが弱い場合や、時間をかけて臭いを取る場合は、2〜3ページごとに新聞紙を挟めばいいらしいのですが、

私は韓国語の教材を買ったので、このやる気があるうちに勉強を始めたく、最速でカビ臭が消えるよう量で勝負しました。

余った新聞で包み、ビニール袋に入れる。これを3日繰り返しす

最後に、余った新聞で本全体を包み、ビニール袋に入れて放置。

新聞紙を毎日変えて、3日間放置しました。

※カビの臭いが弱ければ、3〜7日間ほどそのまま放置しても大丈夫だそうです。

私は大至急カビ臭を取りたかったので毎日変えました。

新聞紙にカビ臭が移り、初日から効果を感じる

一日置いてビニール袋から本を取り出した時、あまり臭いが取れていない感じがしました。

しかし、新聞紙を交換するために、一度全部の新聞紙を取り出してみたところ、

新聞紙にカビ臭さが移って、本自体の臭いは減っている感じがしました。

再び新聞紙を挟んで、3日経った結果、

全く気にならなくなりました!

新聞紙すごい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました