【韓国美容レポ】美白レーザーでシミ取り(2019年のアーカイブ記事)

life log
4週間後
この記事は約7分で読めます。

*こちらは別サイトで掲載していた記事をリライトしたものです*

平成31年が終わり、令和元年が始まる10連休。
私は9日間韓国に飛びました。

何度も韓国に飛韓していますが、ここまで長期間滞在するのは初めてでしたので、これまで経験したことがないことをやってみたいと思い、

シミ取りをして参りました。

施術前の状態

30代半ばになり、だんだん「20代には見えないな」と思う様になってきて、
さらに後輩や若い人たちに「え~!30代に見えない!」
気を遣われることが増えてきました。

そんな時期の10連休。

10日間もあれば多少ダウンタイムも取れるし、特にシミは深刻な悩みではありませんでしたが、
韓国に長居するついでにやってみよう!と思ってシミ取りをし、
しかも予想外に効果が出てるのでブログにしました。

選んだ病院は「YJホーリック美容外科」


実はどちらかというとほくろ取りをしたくて、
「ほくろ除去 韓国」で検索して出てきたクリニックで評判のいいところを探した結果、

YJホーリック美容外科がヒットし、
口コミもよかったのでここにしました。


当初はほくろを取ることしか考えていなかったのですが、
メニューや口コミを見てみると、どうやらシミ取りもよさそう、ということで、

シミ取り+ほくろ除去をしようと決意しました。





シミ取りのメニューは2つ

シミ取りのメニューは2つありました。

コネストのメニュー表のうち、

アリアIPL 60 分 165,000 ウォン
レーザートーニング 60 分 165,000 ウォン

 (※どちらも現金支払いなら150,000ウォン=約15,000円)

がシミ取りレーザーのメニューです。


詳細については、カウンセリングのときに説明してもらえますが、
この2つの違いはこんな感じです。

■アリアIPL
→浅めのシミに効果的。一度で薄いシミを取る方法。

■レーザートーニング
→深めのシミにも効果的。何度か通うことでしっかりきれいにしていく方法。


一度に両方受けることもできます。セットだと現金支払いで300,000ウォン(3万円くらい)です。
私は日本在住で何度も通えないので
アリアIPLの方を申し込みました。


予約は日本語OK


予約はメールまたはLINEで、日本語でOKです。

メール: yjbeauty551@gmail.com
LINE:@bso7378b


私はメールの方がよかったのでメールで申し込みました。

口コミにも登場していますが、「サクライさん」という女性が対応してくださいます。

実際に当日お会いしましたが、開口一番
「私大阪から来ました!」と言われ、チャキチャキ話すお姉さんでした。


ちなみに私、施術の1ヶ月ほど前に予約したんですが、
前々日になってその予約時間と同じ時間でしか友達と会えないというのが発覚し、
無理をいって直前に予約を変えてもらいました。

サクライさん申し訳ありませんでした、ありがとうございます。

施術の流れ(全部日本語で対応してくださいます)

当日、カンナム駅11番出口を出てすぐのビルにYJホーリック美容外科があります。

入口ここ。시계탑 빌딩です

友達との約束も結局早く終わり、予約の30分くらい前に着いてしまったので、
少し待たせてもらおうとクリニックに入ったところ、
ちょうど前の方の施術が巻いてたようで、すぐに案内してもらえました。

院内はとても綺麗。コーヒー持って入りました。ロッカーに入れて帰りも飲みました。

カウンセリング

まずはカウンセリングを受けます。

といっても先生とではなく、予約対応してくださったサクライさんとですを


私はほくろ除去もしたかったので、
どのほくろをとるか自分でマルを付けました。

こんな感じに

次にレーザーの説明を受けました。
アリアIPLとレーザートーニングの2種類があると言われ、
前述の通り、私はアリアIPLのみにしました。


それと、ほくろ除去したあとに必要な再生テープ(5000ウォン=約500円)と、
再生クリーム(40,000ウォン=約4000円)がほしいと言いました。

再生テープは薬局でも買えます。私も無理に買わなくてよかったかもしれないですが、
このときはどの再生テープがよいかわからなかったのでクリニックで買いました。


再生クリームももっと安いものでも構わなかったのですが、
はじめての美容外科だったので一応クリニックのものがいいかな…という、日本人らしい発想で買っちゃいました。


カウンセリング終了のタイミングでお支払いをしました。
現金ですと、税金分くらいを引いてくれるとのことで安くなります。(例:現金150,000ウォン 、カード:165,000ウォン )

クレジットカード派の方も、このクリニックでは現金を用意したほうがよいです。


買った再生テープはこちら。薬局でも買えます。私は追加購入をしたくて、薬局でこの箱を見せ、これと同じのありますか?と聞いて購入しました。

次に麻酔

次にベッドの上に案内され、顔面に麻酔クリームを塗られました。

浸透するようにラップを乗せられ、20~30分くらい待ちました。
(時計が見れないので正確に何分待ったかわかりません)

さあ施術!


ベッドに横たわりウトウトし始めたころに
では施術しましょう~と先生の部屋に案内されました。


ぶっちゃけ先生の顔は全く見えませんでしたww

レーザーなので、目に覆いをかぶせられるので。

シミ取りの痛みは火傷のような印象


最初にほくろ除去をスタートしました。
ほくろ除去については別記事を作成予定で触れませんが、
ほくろはとても痛かったです。

一瞬でピカッと光って終わりではなく、ジリジリと肉を焼くような、時間をかけて施術するため痛みが続きます。


一方、シミ取りのアリアIPLは

脱毛サロンの光照射をMAXで照射した感じ

で、若干の熱さと痛みがありましたが、
耐えられないほどではないです。ほくろ除去の方が数倍痛かったです。

施術後はクールダウン


施術後、麻酔をしたときの部屋に戻り、再びベッドへ横たわります。

肌の上から、鎮静させるため?に、ひんやりジェルを乗せられました。

光照射されたあとは、顔がひりひり熱っぽくなります。
冷たくて気持ちよかったです。

またこのまま10分ほど待ちました。

気になるbefore→after!


汚くお見苦しいですが、まずbeforeはこちら。
ほくろもたくさんありますが、シミだらけです。


そしてこちらは照射した翌日の写真。
シミがかさぶたのようになっていて、シミが悪化したように見えます。
正直このときは「このシミ大丈夫かな・・・」と心配になりました。



ただ、そのあとしばらくはホクロのケアが面倒で手間がかかり、ホクロのことばかり気にしていたら、
ふとしたときに「あれ・・・?シミなくなってない?」
とついに気づいたのが12日後。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

えっ!すごい!



その後、施術から2週間経過したのがこちら。

(2019/11/17追加)約半年経過。ホクロも取ったんですが、どれがホクロかわかりません!




before→afterを比べるとこちら。

小さいホクロまで無くなり、目立った跡も残らず、綺麗になりました。



正直、そこまで期待していなかったので、とても驚きました。

なお、この写真は全てすっぴん・加工なし画像ですが、
化粧するとさらに肌がきれいに見えます。





お支払い金額



結果に大満足な今回の通院でした。

お値段は、

アリアIPL 150,000ウォン
ほくろ9個除去 90,000ウォン
再生テープ 5,000ウォン
再生クリーム 40,000ウォン


■合計 285,000ウォン(約28,500円)

でした!

※再生クリームをもっと別のところで買えば安く収まります!



私的には3万の予算を見ていて、
ほくろをもっと取るつもりだったのですが、
ちょっと緊張してヒヨっちゃいました。

そのかわりに再生クリームを買いました。
高かったけど、いい仕事してくれています。しっとりします。





以上、シミ取りレポでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました