【いぼ痔術後56日目】1ヶ月ぶりの通院/中の傷がまだ赤かった/術後初の注入軟膏処方

いぼ痔手術
この記事は約1分で読めます。

術後の経過検診で久しぶりに病院に行きました。

自分で見えない、肛門様の中の傷はまだ塞がっていない

検診のときは先生が肛門(尻)をぐっと引っ張って観察してくれるのですが、中の傷がまだ赤く、皮膚が再生しておらず、まだ皮膚に覆われていないのがわかりました。

写真を撮ってその場で見せてくれるので、自分でもよくわかります。

そういえば、痛みがなくなったのでここ2週間くらい、塗り薬を塗っていませんでした。

単に忘れていました…。

術後初の注入軟膏を処方される

見える傷と中の傷の回復具合が違うからか、術後初めての注入軟膏を処方されました。

内側が治ってなければそうなりますよね。

痛みがないのですっかり忘れていましたが、傷口ある肛門様に注入するのを想像すると、どきどきします。

処方されたのは、ヘモポリゾン軟膏。

次々と知らない薬が出てくる…

傷口のある肛門に注入するのは痛いかなと思いましたが、案外全然大丈夫でした。

確かにまだ膿も出るので、もうひと頑張りします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました