【いぼ痔の手術を決心1】女性/日帰り手術/切る手術とジオン注射を決意するまで

いぼ痔手術
この記事は約7分で読めます。

2021年4月上旬。突然、お尻が痛い…。

これはまずい傾向だ…。

気づかない&言わないだけで、痔の人はたくさんいるのです

日本人は、3人に1人は痔主だと言われています。

私も、自分が痔主だと気が付いたのは30を過ぎてからでした。何年もかけて育ったと言われました。

痛くないだけで、多くの人のお尻には何かがある場合が多いです。

人間は二足歩行を得た代わりに、内臓などの重みが尻にかかっており、さらに椅子に座って血行不良が起きるという生活スタイルにより、四足歩行の動物よりもお尻の疾患の比率が高いという記事もあります。

痛くなければいいかもしれませんが、もう、痛みが出ると七転八倒。

恥ずかしいとか言ってられない状態です。

痔には主に3種類ある

痔は主に、切れ痔、いぼ痔、痔ろうの三つがあります。

切れ痔は流血するのでわかりやすいです。

いぼ痔は気付きにくいと思います。自覚症状がない人もたくさんいます。

痔ろうは、とても痛いと言われます。下痢などの刺激により、うみがたまるなどして、肛門とは別の穴ができてしまう状態をいいます。

ちなみに、これらのうちいぼ痔は、血行の問題によるものなため、筋肉量が少なく血液が停滞しやすい女性がなりやすいとも言われています。

いぼ痔とは、静脈瘤である

ちなみに私はいぼ痔です。

『イボ』と名前がついているものの皮膚科で診察してもらうような『異物ができるイボ』ではなく、いぼ痔のいぼは、静脈瘤です。

血行不良が原因で、サラサラと流れずに溜まってしまうことで徐々に血管が肥大し、太くなって血が溜まる場所ができてしまった状態です。

静脈瘤の原因、『血行不良』には、私自身心当たりがかなりたくさんあります。

  • デスクワークで椅子に長時間座って尻に血が巡らない
  • 冷え性でエアコンにも弱く、年中ほぼ足腰が冷えている
  • 運動不足で血行が良くなる機会が少ない
  • 子どもの頃はかなりの便秘症。息をとめて全力でキバってました。2〜3日に1度の排便だったので、健康な人は1日1回排便すると授業で聞いてかなり驚きました。

キバるのはコントロールできるのですが、大人になって仕事をし始め、それがデスクワークやパソコン仕事ですと、なかなか改善しにくいです。

過去の激痛「嵌頓痔核」。1ヶ月間、尻に洗濯バサミな感じ

私は、過去に嵌頓痔核(かんとんじかく)になったことがあります。正直、今までの人生で本当に1番痛い思いをしました。

嵌頓痔核は、肛門の中にある静脈瘤のコブ部分(いわゆるいぼ痔のいぼ)が肛門の外に出てきたまま肛門がギュッと閉じ、自らの肛門が締め付けることでイボの血が止まり、鬱血してしまった状態です。(医者ではないので少し間違ってるかもしれません)

例えるなら、指に輪ゴムを巻き、指先の血が止まって鬱血して死にかけてる状態がSiriで起きてます。

Siriに輪ゴム…おろそしい…。

嵌頓痔核の痛みは、例えると、肛門を洗濯バサミでちょっとつまんで『いやいや痛い痛い!!』となった状態が2週間常時続くイメージです。

今思い出しても怖い…。

3週目以降は、洗濯バサミの強度が下がりますが、痛みは続きます。

当時は、痛すぎて寝れず、寝るというよりは痛みで気絶する感じで眠りについていました。

発症した当日は、何が何だかわからず救急車を呼ぼうかと思いました。(救急を呼んだところで、夜間診療に痔の専門家なんていないだろうと思い、やめましたが)

翌日病院に駆け込むも、痛み止めは大して効かず、すぐには治らず、痛い日々を過ごしました。

発症してから2週間は、寝ても覚めてもとにかく尻が痛い。

頭の中は常にSiri。

3週目は、午後になると痛みが和らぎ、時々Siriのことを忘れられました。

4週目になると、大体の時間はSiriを気にせずに済むようになりますが、少し体調が悪かったり、排便後は痛みが出ました。

一か月経って、ようやくSiriを気にせずに過ごせるようになりました。

長かった…。

もちろんステロイド入りの注入軟膏(強力ポステリザン)を朝晩欠かさず入れていましたが、嵌頓痔核の場合、強めの軟膏であっても痛みは全く和らぎませんでした。

それくらい、痔の痛みはわたしには恐ろしいのです。

これが治療できない時代だったら何と苦しかったことか…。

痔の治療が受けられる時代に生まれてよかった!!

手術を決意した理由:痛みとエヴァンゲリオン

その後、騙し騙しごまかしてきたSiriですが、似たような痛みがまた発症したのが今回。

これまで通っていた病院は、以前の職場の近くにあり、今では少し通いにくいため、何となく口コミの良さそうな病院に行ったところ、先生に手術を勧められました。

※ちなみに痔の場合、総合病院よりも肛門科の病院に行くのがベストです。痔は少々独特です。

新しい病院の先生に手術を勧められたとき、注射の手術ですか?と聞いたところ、いや、切る手術です、と言われました。

注射の手術なら、あまり痛くないそうなので、やってもいいかなと思ってはいました。

しかし、切る手術と聞いて、相当痛いのでは…と恐れおののき、手術をしようかどうか迷い、その場では考えますと答えました。

が、翌日には手術を決心しました。

決め手は、受診した翌日もSiriがチリチリと痛くて、肛門の中を洗濯バサミで甘噛みされている痛みが続き、

もう!!どうせ痛いなら手術で痛い方がマシだ!!!

とプッツリ切れて踏ん切りがつきました。

もう一つは、シンエヴァンゲリオンの上映中で、是非とも観に行きたかったのですが、Siriの痛み的には2時間以上座っていられる自信がない状態でした。

映画も満足に観られないのとか、もう嫌だ!!と思ったのも、きっかけです。

手術内容:切る手術と、注射で固める手術の併用

痛さと今後また痔の痛みに苦しめられるのではないかという不安で、生活に制限がかかるよりも、今回手術して、しばらく術後痛いのを我慢する方がマシだ!という結論になり、病院に行って手術の内容を伺いました。

私の症状の場合は注射でいぼを小さくする方法と、切ってしまう外科的対応の両方を使った手術になるそうです。

手術だけではない!事前準備や検査が意外と多い!

診察を受けたのが木曜日で、金曜日には手術をすることを決心し、月曜日に再度手術の希望を伝えに病院に行きました。

手術の詳細を聞いたところ、痔の手術をするためには、事前に大腸検査もしなければならないとのことでした。

大腸検査の詳細を聞く前でしたので、とくに大腸検査は何の不安もなく、正直甘く見ていましたが、私の腸は検査しにくい形だったらしく、大腸検査もかなり痛かったです…。

私:手術や術後は痛いですか? 先生:人による

手術の詳細を先生に聞きました。

気になるのは痛みです。

痔でSiriが痛いというのは、想像するよりも遥かに遥かに痛く、生活に支障をきたすことが多いです。

単刀直入に、痛いですか?と聞いたら、

先生『人によります』とのこと。

人によるって、便利な言葉ですね…。

ただ、私はそこまで重症ではないそうで、日帰り手術でジオン注射と切る手術を併用して行うそうなので、

時々ブログなどで見かける、2週間入院するような大手術にはなりませんでした。

手術の意向を伝えた日、そのまま血液検査用の採血を行う

診察後、そのまま5種類の採血をしました。

採血で検査する内容は、今明細を見てもよくわからないですが、健康診断で検査するような項目のチェックでした。

そのうちの一つはHIVにかかっていないかどうかを調べる検査で、これはは自費(2,000円)で、保険がききませんでした。

採血後、大腸検査(内視鏡)の説明を受ける

痔の手術をしたい時は、単に痔の手術をすればいいわけでは無いようです。

痔の手術をするためには、まず大腸検査が必要だそうです。

全て全ての病院で同じように大腸検査するのか分かりませんが。

私がお願いしている病院では、肛門からカメラを入れる形の内視鏡の検査を行っていましたので、痔の手術日と同時に、内視鏡検査の予約もしました。

痔の手術は、内視鏡検査から1週間以上後にならないと受けられないそうです。

そのため、痔の手術を決心した後、どんなに早くてもおよそ1.5週間後の手術になります。(大腸の内視鏡検査は、大腸の中を空っぽにしなきゃいけないので、消化の良い食べ物を取り下剤を飲むと言う準備が必要なため、今すぐ検査したくても即検査はできないのです)

痔の手術って、色々手間がかかるのか…すぐにできないんですね…。

でも、尻の爆弾から解放される日は近いので、早く手術してスッキリしたいです。

お会計(手術のための事前検査のための血液検査等)

約6,000円でした。

※3割負担です。

続く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました